FLASH PACKER NEWS

YOU MUST GET WARM「レイヤリング」Vol.2

前回のブログから一週間が経ちました。季節外れに暖かい日月が終わると、来ましたね。冷たい雨と寒さ。まさにジェットコースター、体にこたえます。。向こう一週間の気温変化を見ると、東京でも最低気温が3〜4℃の日が!!今日でさえ、クリスマスくらいの気温と言っていましたが、一気に正月過ぎの寒さがやってくるんです。

寒いと言っても、今日の東京は9℃〜11℃くらいの推移。どんより曇りなので、気温よりも寒く感じます。陽の光は偉大ですね。ここしばらく週に2回は朝一のサーフィンに勤しんでいましたが、今週は平日パスです。波も大荒れですけどね。

 

今日の自分は、こんなレイヤリングです。車移動だったので、動きやすさメインで。

ベースレイヤー:LEVEL1 XWT-PROT2
セカンドレイヤー:LEVEL3 XFJK-CW
ボトムス:LEVEL4 XDFP-HIDDEN

このシンプルなコーデで、まったく問題ないです。今日は風が強くないので。夜になり、さらに気温が下がればこの上にベストを重ねます。(LEVEL7 XV-AVEST)これで完璧。

LELEL4は、寒いといっても極寒ではない気候の時に着る設定のソフトシェル。シェルはシェルでも、パンツとして作ったのがXDFP-HIDDEN で、見た目はジョッパースタイルのゆるいデニムパンツ。しかし!! 肌に触れる面(裏側)は短く起毛したフリースという変わり種です。表時と裏地をボンディング(貼り合わせ)したのではなく、ダブルフェイスという二種類の異なる素材を織り分けて作った生地です。張り合わせると厚みが出すぎたり、接着剤による通気性ダウン、生地が硬くなるなどの可能性がありますが、ダブルフェイスは表と裏が異素材であるというだけで1枚の生地。なので、ストレッチ製に優れ、履き心地はとてもライトです。表面はコットンなのでしっかりデニム。タフで暖かいパンツです。

もう、ここ最近もっぱらこのパンツを履きたおしています。超ストレッチで楽です。暖かいです。でもデニムなんで、ちょっと骨っぽいテイストで新鮮です。やや太いので、ここ数年ずっとタイトだったパンツ慣れからすると、最初は少しとっつきにくいかもしれません。でも履いてみると、なんか少し懐かしくていい感じですよ。インナーに明るいカラーを合わせるのがおススメです。なんとなく90年代?にレイドバック。過去に戻る。そう、バック・トゥ・ザ・フューチャーです。実際には前に進んでいるので逆ですが。過去に戻る?普通か。来年は2020年です。なんのこっちゃですね。

腰回り、腿周りは結構太くて、裾に向けかなり絞って(細くなって)います。こーいうことをテーパードって言うんですね。そういう点で言うと、このパンツは超テーパードです。もう一つのポイントはやや短めのレングス。これが重要です。これによって全体のバランスがすっきりし、レイドバックしすぎない、スラッシュバック的に着こなせます。(謎)

それでも、ちょっと太いなーーって言う場合は、裏技ですが1サイズ下げて履いてください。普段Lサイズの人はMを履くのです。(シンプル!)(普段Mの人は頑張ってMを履いてください。サイズ展開がMからなので🙏。

今日のブログは完全にこのパンツに寄ってしまいました。わりと長文書いたので疲れました。お気づきですか?最近、またしっかり文章を書いていこうと意識しています。なかなか皆さんに会いにいけなくなってしまってるので、どういう気持ちで服を作っているか、どう着るのがオススメか、想っていることをせめて書き綴っていこうと。

今日はこの辺にしておきます。LEVEL5以降はまた次回。それがいいですね。次回はもっと寒いでしょうから。

関連記事一覧

PAGE TOP