FLASH PACKER NEWS

最高度の保温性。今期の最重要アウター素材。

今回、フラッシュパッカーでもシーズンテーマに取り入れている「レイヤードシステム」。これは、米軍の戦闘服に取り入れられているシステムです。「レイヤード」、はそのまま「重ねる」という意味で、重ね着を意味します。戦闘服にアウトドアウェアの要素を取り入れた「ECWCS」というレイヤリングシステムからインスパイアを受け、今シーズンのラインナップは構成されています。個人が、決められた格好で活動するのではなく、個々のシーンや体感する温度によって、自由に服をチョイスするということ。寒ければ重ね着し、暑ければ脱ぐ。

このシステムの中で、高い防寒性を誇る最終レイヤーが「LEVEL 7」です。
中でも海兵隊向けに開発された通称「ハッピースーツ」は特に有名。

XJK-ECWP
“ハッピースーツ”ジャケット
アメリカ海兵隊向けに開発された通称”ハッ ピースーツ”からインスパイアを受けたジャケット。ハッピースーツの名前の由来は、初期型のタグにスマイルマークが記載されていたから。アウトドアブランドとして名高いワイルドシングス社によって供給されていました。ECWCS LEVEL7 最高度の防寒着に当たります。
ECWCS とは→ 出展 GOOUT 

オリジナルのボリューミーなサイズ感はそのままに微調整を施し、独自の保温機能性中綿“FXP HIGHEST GRADE BATTING”を採用。オリジナルの実に2倍量を使っています。オリジナルのややくたっとしたペラ感もかっこいいのですが、フラッシュパッカーでは立体的なシルエットにこだわりました。そのボリュームからは想像もできないほどの軽さ。重ね着によるストレスが全くない、 機能性の高い最終レイヤーです。

ワッペンベースや、擦り切れやすい袖口の補強などのディティールを忠実に再現しながら FXP的解釈で再構築。エリにはフードが畳んで入っており、フード収納時にはボリュームネック仕様に。 フード自体もボリュームたっぷりで、フードを出して着用した時のバランスも優れています。 見頃内側には大容量メッシュポケットを搭載。

アウトシェルは軽量ながら強度が高く、撥水性に優れた“RESIN COATING NYLON RIP-STOP” リップストップナイロンを採用。贅沢に裏地にも同生地を使用しています。引き裂きに強いことが特徴で、さらにシレー加工を施し、防風性能もハイレベルになっています。

腕を通してもらえれば、この軽さと暖かさを一瞬で感じ取っていただけるはず。自信を持ってリコメンドするこのシリーズ、ぜひ現物に触れていただきたいです。

 

関連記事一覧

PAGE TOP