FLASH PACKER NEWS

シェル・ジャケット

今日は、これからの季節にものすごく重宝する「ウィンドシェル」ジャケットを紹介します。

まさに今日もそうですが、朝は寒くて昼間は暖かい。今の季節に特有の寒暖差。これってけっこう着るものを悩ませます。最低気温が8℃、最高気温が15℃だったら、僕の場合、ロンTをインナーに着てその上に被りのパーカー、そしてその上にシェルを着て朝出かけます。

今日は自転車通勤だったので、1kmも走れば体が温まり暑くなってきます。そうしたらシェルのフロントを全開。それでも暑ければ、完全に脱いでバックパックの中へ。一枚仕立てで軽いのでコンパクトに収納できます。昼間はずっとバックパックの中に入れておき、日が陰ったり風が強く冷たくなれば取り出して羽織る。これは休日のピクニックやショッピング、アウトドアでのアクティビティ全般に当てはまるシチュエーションです。

「ウィンドシェル」はその名の通り、防風性が高く一枚羽織るだけで保温性が全く違います。撥水性が高いなどのオプションがあればなお言うことありません。コロコロ変わる春〜梅雨時期に一枚あると本当に便利なアイテムなのです。

FLASH PACKERの今期の人気品番「XJK-WINDSHELL」はまさにそんな快適アイテム。

50d(デニール)という細い糸を限界まで打ち込んだ高密度ポリエステル素材を採用しており、 加工ではなく素材由来の防風性を実現したFXP独自の素材です。 また、素材にナノ撥水加工を施すことで生活防水性を高め、不快な雨の進入を防ぎます。 さらに風合いが非常にソフトで着用感も快適。 1枚羽織るだけで風と雨からあなたを守ります。カラー展開も安定のブラックは言うまでもなく、マスタード、ミネラル(グリーン)など、自然界に存在する深みのある色合いを抽出したオリジナルカラーも魅力です。

一枚のシェルを重ね着することで、 こんなにも快適さに変化をもたらすことをぜひ体感してください。 ただ一枚羽織るだけで、防風性に富んだシェルが一枚の壁を生み出します。 軽い雨なら物ともせず、レイヤードにより3シーズンをカバー。 裾にかけてやや膨らむバルーンシルエットは、 ゆったり・たっぷりしたトレンドスタイル。

ぜひ、実物を羽織ってみてくださいね!

FXP2019SS-14 
XJK-WINDSHELL 
防風・撥水 高気密シェルジャケット 
100% Polyeser 
【Price】 ¥18.000 +tax 
【Size】 M, L, XL 
オーバーサイズフィット 
M→着丈: 76cm 身幅: 59cm 裄丈: 90cm 
L→着丈: 79cm 身幅: 62cm 裄丈: 92cm 
XL→着丈: 82cm 身幅: 65cm 裄丈: 94cm


 

関連記事一覧

PAGE TOP