FLASH PACKER NEWS

<PICS> ボードショーツと日常の風景

 

リラックスしたい時にも是非オススメな、ボードショーツのスタイリング。

サーフィンのために生み出されたアイテム=ボードショーツ(BOARD SHORTS)。

ハワイではサーフィンとともに古い歴史があります。

ビッグ ブランドのQUICK SILVER(クイックシルバー)はボードショーツカンパニーとしてスタートし、“ボードショーツの歴史はクイックシルバーの歴史”といわれるほどだし、アメリカ西海岸が誇る老舗ブランドBIRDWELL(バードウェル)は50年を超える歴史を誇っています。

最近ではボードショーツを短パンがわりに履くのが定着し、膝上丈 短めなボードショーツを街着として見かけることも普通のこと。

ロングボードやレトロ、シングルフィンの盛り上がりもあり、海/街共に盛り上がっているのです。

 

 

なので、通常のパンツのように両サイドにポケットがつき、ストレッチ性などの機能性はおいておいて、

街着としての機能性をもたせたものがファッション的には主流。

 

 

FLASH PACKERは、旅/トリップ/日常での機能性をプロダクトに持たせることをコンセプトとしています。

が、ことボードショーツにおいては まず運動性能を一番に考えて作っています。

 

 

サーフィン時のストレスの少なさ、これは超軽量の素材とストレッチ性から生み出します。

ストレッチしすぎも良くなくて、足にまとわりつく感じはNG。

サラッと、過不足ないストレッチ性。これを元に素材をチョイスしています。

言うまでもなくサーフィン以外のアクティビティでも軽い着心地や撥水・速乾性など機能を発揮します。

 

サイジングもかなり重要。

パンツのように紐や、ゴムや、ベルトで調整が効かないボードショーツはとってもサイジングが難しいんです。

FLASH PACKERではM / L / XLの3サイズ展開で用意していますが、多種多様な体重、体格、骨格を持つたくさんの人を

たった3サイズにはめ込むのは非常に難解。

サイズだけでなく、股上・わたりの位置、裾幅などパターンでもはき心地がかなり変わってきます。

毎年 試行錯誤しながらベストに近づける努力をしています。

丈も、長すぎず短すぎず、絶妙なラインを深く考えて作っています。

 

 

今期のボードショーツには両サイドポケットをつけていませんが、ポケットは一つはついているので必要最低限の機能は

持たせてあります。それより何より運動性を重視しました。また、それによって履き心地もよりライトになります。

 

 

もう一つ、注目したいのがスポーツスタイルをMIXするスタイリング。

NIKEやadidac、ReebokにPUMAを始めとする王手スポーツメーカーが軒並みストリートブランドとコラボしています。

スポーツテイストのウェアを日常に落とし込むスタイルは日に日に盛り上がっているように見えます。

ただ単純に、ラク であると言う点も重要だし、何よりジャージスタイルが運動着/部屋着という枠を越えて、

街着として認知されています。それどころか、よりスタイリッシュでさえあるのです。

 

 

このアップした画像、全てボードショーツを着たスタイリングになっています。

このように、ボードショーツ=サーフィン だけではない自由なスタイリングで、

楽にスタイリッシュに楽しんでいただければ嬉しいです。

真夏はもちろん、梅雨のジメジメした季節にも ライトな着心地を楽しんでいただけると思います!

▶︎ALL PICS  
model: Kensuke Kawaji (181cm / 75kg 着用サイズ: L) 
photo: foreveryoung___14


Size: M / L / XL
West: 76 / 80 / 84
Length(side): 45 / 46 / 47





 

関連記事一覧

PAGE TOP